排水管と給水管の違いや水漏れの応急処置

排水管と給水管の違いや水漏れの応急処置 排水管の水漏れは詰まりや破損などで起こるので詳しい原因を特定し、適切な処置を行うとよいです。症状が軽い場合は、専用テープを巻くと症状が緩和されることもあります。テープは必要な長さにカットし水漏れしている部分に巻くだけなので素人でも簡単に扱いやすいです。じわっと水が漏れ出る程度なら自分で対処しやすいですが、症状が重い時は水道修理業者の依頼をおすすめします。間違った方法で応急処置をすると、排水管を傷める可能性もあるので慎重に行いましょう。



■給水管と排水管の違い

まず水漏れが給水管と排水管のどちらから起きているか判断する必要があり、2つのパイプは間違われるケースが多いので、違いを知っておくことが大切です。給水管は家庭に水を送るパイプで、排水管は使用した水が流れて行くパイプです。
給水管は水道管と呼ばれることもあり、蛇口をひねると水を出せるよう常に圧力がかかっています。圧力が強いため給水管は亀裂が入りやすいです。寒い時期や地震の際、破裂しやすいのは給水管の方です。
一方排水管は給水管のように管内に圧力がかかっておらず、重力で水が流れる仕組みになっています。水を効率的に流すため管内は勾配があります。勾配部分に汚れや異物が蓄積され、パーツが痛みやすくなり、経年劣化が原因でトラブルを起こしやすいのが特徴です。

■排水管の水漏れがあった時にすること
排水管から水が漏れる時は、蛇口から水を出した時に限定しています。給水管は水の使用に関係なく水が漏れます。ただ詰まっている場合や亀裂が入っている時は、管内に溜まった水が出てきます。トラブルの箇所が特定できる際は、専用のテープを巻き付け、床への浸水防止のためにバケツを設置しておきます。
水のトラブルの応急処置に役立つ専用テープには3種類あり、ホームセンターで購入可能です。粘着力がないゴム製や水に強い接着剤を使用したタイプ、ラップのように素材同士がくっつくタイプがあります。テープのベタつきが気になる人は、接着剤を使わないタイプがおすすめです。
またテープを購入する際は、値段の安さだけで選んではいけません。耐水力や必要なテープの長さも確認し商品を選ぶことがポイントです。

■排水管の水漏れは応急処置のみだと不十分

排水管の水漏れはテープを巻き付けると一時的に治まるケースも多いです。しかしテープを巻いただけでは根本的に修理できていません。テープが緩むと再発する場合もあるからです。時間がない時はテープで水漏れを止めるだけでもいいですが、水道修理業者にきちんと直してもらう方が安心です。
また水漏れは複数の部分から起きることも多いです。1か所だけテープで巻いても他から水が出て、被害が拡大する恐れも考えられます。集合住宅に住んでいる方は、他の家へ水が侵入し近隣トラブルの元となります。損害賠償を請求されるといった最悪の事態を防ぐためにも、水道のトラブルを発見したら応急処置だけでなく、早めに修理をすることが大切です。

■まとめ
ホームセンターに行けば手頃な値段で水道の水漏れ用のテープを購入でき、上手くいけば一時的に対処できます。しかし自分で止められたから大丈夫と思うのは危険です。水は自分たちの暮らしを支える大切な物なので、根本的な原因を改善することが大切です。素人だけでは水のトラブルの具体的な原因を発見できない場合も多いため、水道修理業者に点検してもらうのがよいです。
水道修理業者は専門の知識があるので、素早くトラブルを解決してくれます。被害を最小限に抑えるために、いざという時の専用テープを常備し、頼れる水道修理業者も探しておきましょう。備えておけば、急な水のトラブル時も焦らなくて済みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース