キッチンの排水管から水漏れする理由や危険性

キッチンの排水口の流れが悪い時は、ゴミ受けの食べカスを捨て掃除をする人が多いのではないでしょうか。ゴミ受けを掃除しても排水口から水が流れていかない時は、排水管でトラブルが起きている可能性もあります。排水管でつまっていると、汚水が逆流する恐れもあるので未然に防止し、いざという時は的確な対応が求められます。

■キッチンの排水部分の水漏れが起きる原因

キッチンの排水部分は排水口や排水管があり、各部分に損傷があると水漏れを起こすことがあります。排水口のパッキンが古くなると、シンクの下から水漏れします。パッキンが原因の場合は交換するだけで解決できるでしょう。排水管のつなぎ目が緩んでいる時も水漏れは起こります。排水管の中にはパッキンがありますが、ナットやボルトを工具でしめると解消することが多いです。
油を排水口に流す行為も水漏れの原因となります。油が排水口や排水管に蓄積され詰まりを起こすからです。


■無理矢理自分で直すのは危険

排水管のゆるみはホームセンターの工具で締めることができますが、サビてしまっている時は力を入れてもなかなか締められない場合があります。オイルをさすとボルトが回りやすくなりますが、なお動かない時は水に濡らした布で手の滑りを防止しながら、ハンマーを使用し力を加えるとよいです。しかし力づくで排水管を締めると破損させ、酷い時は別のパーツを壊す場合もあるので、無理に自分で直すより水道 修理業者に見てもらった方が安全です。




■まとめ
キッチンの排水管の水漏れは、シンクの下で起こることが多いです。シンクの下には鍋や調味料を収納している人も多いのではないでしょうか。水漏れを起こすと収納部分の湿度が上がり、カビの増殖も考えられます。カビは悪臭の原因にもなります。二次災害を防ぐためにも水漏れを発見したら早めに対処するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ